Apple In-Ear Headphones with Remote and Micは、価格を超える音質だった

新年早々ヘッドホンを新調しました。

これまで使っていたソニーの MDR-EX700 は、iPhone と併用するには少し不便だったので、Apple In-Ear Headphones with Remote and Micを買いました。

音質面では大幅なダウングレードになるのでしばらく購入するのを躊躇していましたが、機能やデザインがとても満足いくレベルで、音質も許容範囲だったため、購入して正解でした。

実売価格1万円にしてはかなりいい音質

通常、高級機種でしか採用されないバランスドアーマチュアドライバのデュアル構成になっているので、実売価格1万円にしてはかなりいい音質で、15,000円~20,000円くらいの他社製品に匹敵するレベル。

さすがに35,000円以上のMDR-EX700と比べれば音質は格下ですが、そのクラスを使っていた人でも許容できるレベルです。

低音はイヤーチップがフィットするかどうか次第

イヤーチップをフィットさせるのが難しいです。SHURE挿しを含めて色々と試し、低音がきちんと聴こえる挿し方を見つけるまで結構時間がかかりました。

他でも言われているように低音はイヤーピース次第なので、付属品が合わないようであれば他社製品のイヤーピースと組み合わせてみるといいかと思います。

リモコンとマイクはかなり便利

リモコンとマイクは、iPod や iPhone で使えるのはもちろん、MacBook でも使えるためかなり便利です。外出先では iPhone で使って、自宅や職場では、iTunes で音楽を聴いたり、Skype のヘッドセットとして使うことが可能です。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話