Top-ads

Powered by Blogger.

英文を読めるかどうかで絶対的な能力差が生まれる

By | 月曜日, 1月 03, 2011 Leave a Comment
英文を読めるかどうかで絶対的な能力差が生まれる

今の時代はとても高度な共有知がインターネットを通じて世界規模で英語で形成されており、コンサルタントやエンジニアなどの専門職はそれを直接利用できるかどうか、つまりは英文を読めるかどうかで絶対的な能力差が生まれる。

英文が読めなくても、誰かが翻訳したものをインターネット上または書籍として間接的に手に入れることはできるが、それだと最新の情報が手元に届くまでに時間がかかるだけでなく、書籍ならコストもかかる。また何より、必ずしも自分が必要とする情報を間接的に流通させてくれる人がいるとは限らない。

世界規模の高度な共有知を自分の力として活用するためには、英文が読めるというスキルが必須なのである。

何から始めればいいかわからない時は効率を考えずにまず始める

と、偉そうに書いてみたのですが、自分も英語が苦手です。ある程度の英文を読むことはできるのですが、ほとんど翻訳サイトまかせです。特に英会話は全然ダメです。英語の必要性が年々高まっているのは実感しているので、今年の課題の一つを「英語を本気で勉強する」としました。

とはいえ、何から始めればいいかわかりません。何から始めればいいかわからない時は効率を考えずにまず始めるってことが大事なので、とりあえず書店で推奨されていた以下の二冊の本を買ってみました。



英語学習に対する考え方を整理できた。初心者の人ほどオススメ。これはすごく買い!



少し読んでみたけどまだ活用できていない。今別の本でやっている英文法の復習を終えた後なら役立ちそう。
次の投稿 前の投稿 ホーム