一般的なWebサーバ用のApache2 configure

LAMP+オープンソースソフトウェアなど一般的なWebサーバ用にApache2をソースからインストールする時のconfigureを紹介します。

./configure \
--with-mpm=prefork \
--enable-expires \
--enable-headers \
--enable-rewrite \
--enable-so \
--disable-actions \
--disable-imap \--disable-imagemap /
--disable-include \
--disable-negotiation \
--disable-userdir

  • 無理にdisableしないでhttpd.conf使えばいいと思う。
  • disable-imapとdisable-imagemapを併用してる人が多いけど、確か同じだったと思う同じ。旧表記が--disable-imapで、現在はdisable-imagemap。--disable-imapでも通るけど、disable-imagemap使った方がよさげ。
  • --disable-imapを、現在の公式サイト表記disable-imagemapに変更しました。

各項目の詳細については、Apacheの公式サイトを参照してください。

configure - Configure the source tree
http://httpd.apache.org/docs/2.1/programs/configure.html

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話