SEO業者の大半は詐欺と言っていい

「検索順位で1ページ以内に表示させます」と豪語する業者がいますが、そんな業者にSEOの依頼をする意味はありません。

理由はシンプルで、実現できるケースが少ないのと、実現できても、そもそも意味がないからです。

検索結果で1位になったのに、注文が来ない

例えば、ある会社がSEO業者に月額1万円でSEOを依頼して特定のキーワードで一位になったと喜んでいたのですが、それでも注文がこないと私に相談しに来られました。

確認したら、確かにあるキーワードで一位なのですが、検索エンジンのクロールを抜いたアクセス解析の結果が、1日の平均UU(訪問者数)が約30、PV(総閲覧ページ数)で約50でした。

それもそのはずで、その会社固有のサービス名で一位になってただけで、検索エンジンからの訪問者数は皆無に近い状況だったのです。

業界トップ企業のサービスなど、よほど市場で認知されたサービスでもない限り、会社固有のサービス名をキーワードとして検索する人はいません。これは極端な例ですが、似たようなケースがほとんどです。

また、ユーザーは様々なキーワードまたはそれらを組み合わせたもので検索するので、特定のキーワードでの検索順位で一喜一憂するのは、とてもバカバカしく意味のないことです。

もし、特定のキーワードでの検索結果が売上に大きく影響するのなら、SEO業者にお金を払って不確実なプロモーションをするよりも、Googleにお金を払って検索結果トップの広告枠に表示した方が、遥かに安全で費用対効果も高いのです。

ですから、「検索順位で1ページ以内に表示させます」なんて言ってしまう業者にお金を払う意味はないのです。

SEOとは、Webサイトのコンテンツを検索エンジンに正しく評価させること

ユーザーにとって大して価値のないWebサイトが、何か特別な技術で検索結果の上位に来るようであれば、誰もその検索エンジンを良いモノとは認めません。ごく限られた期間にそのようなことが起きえたとしても、検索エンジンはそのようなケースを減らすべく、随時検索順位を決めるアルゴリズムを改善しています。

検索エンジンのビジネスモデルを支えるベースは、「ユーザーにとって価値あるコンテンツを届けられる」ことです。検索エンジンは、それができるからユーザーを獲得でき、広告モデルを成り立たせることができるのです。

ですから、Webページの最適化で最も重要なのは、「検索エンジンに合わせる」ことではなく、「ユーザーに価値あるコンテンツを発信し、それらが快適に見られるようにする」ことです。そうすれば、自然と検索エンジンにも高く評価されるようになりますし、何よりユーザーに評価されるのできちんと収益に繋がります。

本来のSEOとは、検索エンジンに「Webサイトの価値を正しく評価させる」ためにコードを最適化することであり、「Webサイトの価値を本来の価値以上に粉飾する」ことではないのです。

Webサイトの本来の価値を高めずに、価値を粉飾することに必死になって投資をしても何の意味もないのです。そんなWebサイトは検索エンジンもユーザーも価値を認めません。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話