Lionにアップグレードする前のアプリケーション対応確認のまとめ

LionはRosettaが非サポートなので、PowerPC向けのアプリケーションが動作しない


2006年にMacでIntel CPUが採用されたことで、Mac OS Xのアプリケーションは「PowerPC」、「Intel」、「Universal」(両対応)、「Classic」の4タイプが混在することになりました。

また、これに合わせて、Intel MacでもPowerPCベースのアプリケーションが動作するように、PowerPCベースのアプリケーションをIntelベースのMac用に変換して実行する「Rosetta」という仕組みが導入されました。

最新のMac OS X Lionでは、このRosettaがサポートされていないため、PowerPCベースのアプリケーションが完全に動作しなくなります。

現在使っているアプリケーションがどのタイプなのかを下記の手順で確認できますので、Mac OS X Lionにアップグレードする前に確認することを推奨します。

アプリケーションタイプの確認


左上のMacアイコンの「このMacについて」をクリックします。


「詳しい情報」をクリックします。


システム情報が表示されるので、「ソフトウェア」の「アプリケーション」を選択します。そうするとアプリケーションの一覧が表示され、「種類」に「PowerPC」と表記されたアプリケーションがないかチェックします。

ここでPowerPCと表記されたアプリケーションは、Mac OS X Lionでは動作しません。

気になる主要アプリケーションの動作について

Apple

iWork: バージョン9.1でMac OS X Lionのサポートが追加されました。
iWork 9.1

Final Cut: Final Cut Pro 7以降でMac OS X Lionをサポート。
アップル - Final Cut Pro X - よくある質問にお答えします

Adobe

下記リンク先のページで公式アナウンスされています。

CS2以前のアプリケーションがPowerPCベースなので動作しません。

Known Issues with Adobe products on Mac OS 10.7 Lion

Microsoft

Office for Mac 2011: 公式アナウンスは確認できていませんが、普通に使えています。
Office for Mac 2008: アプリケーションは動作するものの、インストーラーがPowerPCベースであるため、標準のインストール方法だとインストールができないようです。
Office for Mac 2004: PowerPCベースなので動作しません。

バイナリのLastPassプラグインが入ってると、Safariが起動しない

個人的に一番困ったのがこの問題です。

バイナリのLastPassプラグインが入っていると、Safariが起動しなくなります。

この状況になってしまった場合は、以下の手順でLastPassプラグインを削除してください。


Finderの「移動」の「フォルダへ移動」をクリックします。


「/Library/Application Support/SIMBL/Plugins」と入力して、「移動」をクリックします。

Pluginsフォルダが表示されるので、ここにある「LastPass.bundle」というファイルを削除します。


LastPassのSafariプラグイン(拡張機能版)が OS X Lion で動作するようになってました!

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話