OS X LionでのVMware Fusion 3の不具合への対応まとめ


国内代理店のact2.comで告知されているとおり、VMware Fusion 3はOS X Lion上で動作しますが、完全ではなく不具合などの制限が発生しています。

VMwareFusionのMacOS10.7 Lion対応状況について
http://www.act2.com/support/faq/index/id/940/

まだ、これらの問題に対応したアップデートは行われていませんが、VMwareのオフィシャルサイトでいくつかの問題への対処方法が公開されましたので、日本語で転載します。

VMware KB: VMware Fusion 3 support for Mac OS X Lion (10.7) より

USBデバイスが認識されない問題の対策

USB devices fail after upgrading to Mac OS X Lion (10.7)

この問題を解決するには、Mac上のルートディレクトリのパーミッションを確認してから、アクセス権を修正します。

ルートディレクトリのパーミッションの確認

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

ls -ld /

実行すると、以下のような情報が出力されます。

drwxr-xr-x 53 root wheel 1870 Aug 10 12:43

「drwxr-xr-x」と「root wheel」が表示されていれば問題ありませんが、これが表示されない場合はパーミッションの修正が必要になります。

ルートディレクトリのパーミッションの修正

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

sudo -s

管理者パスワードを聞かれるので、入力します。

続けて以下のコマンドを実行します。

chown root:wheel /
chmod 755 /

その後、Macを再起動します。

これで、VMware FusionがUSBデバイスを見つけられるようになります。

VMware Fusion 3からBoot Campパーティションが起動できない問題の対策

A Boot Camp virtual machine fails to power on with a disk error

VMware Fusionで実行している仮想マシンをシャットダウンします。

続いて、VMware Fusionを終了します。

Finderで以下のフォルダを表示します。

Macintosh HD/Users//Library/Application Support/VMware Fusion/Virtual Machines.

ルートディレクトリにあるライブラリとは別フォルダなので注意してください。ユーザーディレクトリ下の「ライブラリ」は隠しフォルダになっているので、Finderの「移動」メニューでoptionキーを押すと表示される「ライブラリ」を選択します。

このディレクトリにある「Boot Camp」フォルダを削除します。

VMware Fusionを起動すると、仮想マシンが自動的に再構築されます。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話