Top-ads

Powered by Blogger.

Time Capsuleを買わない3つの理由が解決したのでTime Capsuleを買った!

By | 水曜日, 8月 03, 2011 Leave a Comment

4月にI-O DATAのNAS「HDL2-S4.0」を買ったものの裏技を使ってもTime Machineが使えないし、LAN接続だと転送速度も絶望的に遅く使い物にならなくて、5月にLaCieのHDD「LCH-RG500T」を購入。

このLaCieのHDDは、MacとFireWire800で接続できるので転送速度が速く、もちろんTime Machineも使えるので、すごく便利でした。

ただ、本当は以前からTime Capsuleが欲しかったんです。

Time Capsuleが欲しかったのに買わなかった3つの理由

Time Capsuleを買わなかった理由は3つありました。

故障率の高さ

一つは、故障率の高さが気になっていたからです。

特に初代は内部のコンデンサが熱に弱く2年以内で大体壊れるという話があり、Appleも初代Time Capsuleをリコールしています。

そのため、Time Capsuleは壊れやすいというイメージが強烈に頭の中に残っており、第2世代以降も故障率は高いのかなと気になっていました。

もし、Time Machine用のHDDが壊れて、修理や買い替えのためにしばらくそれが使えないとしてもそれほど困らないのですが、ルーターが使えないとなると非常に困ります。一体型であるが故の魅力があるのですが、一方でこのような一体型のリスクを抱えています。

この故障率の懸念はまだ完全に払拭されたわけではないのですが、第2世代でコンデンサが改良されたことで故障率が激減し(それでも高いって言われてるけど)、最新の第4世代ではHDDがWD Caviar Greenになり発熱と騒音も低下したことで、さらに故障率は下がるんじゃないかと期待しています。一応、自分の許容範囲には収まると判断しました。

マルチセッションに対応していない

2つ目の理由は、マルチセッションに対応していないことです。そのため、プロバイダとフレッツ・スクウェアへの同時接続ができません。

ただ、今年の6月にフレッツ・スクウェアでのコンテンツ提供が終了してサポート情報を提供するだけのサイトになったので、今となってはこれはどうでもいい話です。フレッツ・スクウェアへの接続以外でマルチセッションを使う人は、ルーターについても詳しい人だと思うので、ここではマルチセッションに対応してなくても今となってはどうでもいい話としておきます。

ゲストネットワークでWEP接続ができない

3つ目の理由は、ゲストネットワーク(マルチSSIDのセカンダリ)でWEP接続ができないことです。

Time Capsuleでは、メインとなるプライベートネットワーク(プライマリ)とは別に、プライベートネットワークにアクセスさせないゲストネットワーク(セカンダリSSID)を用意することができます。いわゆるマルチSSIDです。

ただし、このゲストネットワークのセキュリティには、セキュリティなし、WPA、WPA/WPA2の3通りしか選べません。

一般家庭でマルチSSIDが求められる一番の理由は、プライベートネットワークにはセキュリティ性の高いWPA2を使って、2011年にもなって実質WEPでしか接続できない唯一の端末、というのは言い過ぎかもだけど、そんなニンテンドーDSをインターネットに繋げるためにWEPのセカンダリネットワークを用意するということだと思います。

残念ながらそれができません。

と思ってましたが、よく考えると、プライベートネットワークと隔離されたネットワークでただニンテンドーDSを繋ぐだけなら、セキュリティなしでもセキュリティ面では何ら問題ないのと、ゲストネットワークにPCを繋ぐ必要があったとしても、「ゲストネットワークのクライアント間での通信を許可」という素晴らしい設定があったりするので、これを無効にしておけば何の問題もありません。

ただし、ゲストネットワークをセキュリティなしにするデメリットが一つあって、自宅の外から見知らぬ第三者が自分のネットワークにタダ乗りする可能性です。

この場合でもプライベートネットワークが隔離されていて、なおかつゲストネットワークのクライアント間も隔離することができるのでセキュリティ面では問題ありません。FONと同じ状態です。

ただ、FONと同じように自宅ネットワークのトラフィックが増えるという問題があります。田舎に住んでるなら問題ないと思いますが、都内でしかも居酒屋とかの近くだと、たくさんのスマートフォンユーザーがネットワークにタダ乗りしてきて結構トラフィックが増えます。端末の登録が必要で面倒ですが、MACアドレスフィルタリングを使うのであれば、この問題は解決できます。

Apple純正品ってだけで何かいいよね!

以上のように、よく考えてみると、Time Capsuleを買わなかった理由の3つがそれぞれ大した問題でないことがわかったので、以前から欲しかったTime Capsule 2TBを買いました。Amazonが一番安かったんですが、欲しかった2TBモデルの納期が1ヶ月だったので、近所のケーズデンキで定価で買いました。

LaCieのHDDも特に不満は感じてなかったのですが、いちいちケーブルを抜き差ししたり取り外し処理をしなくていいのは思ってたより快適で、何よりルーターもApple純正品にできたというのは嬉しいかぎりです。

バッテリーの買い足しができるなら、電池もeneloopからApple Battery Chargerにするのに!

(追記:2012.01.06)
Time Capsule購入から5ヶ月経ちましたが、ファームアップ以外には再起動することなく安定して使えてます!NEC Atermからの乗り替えですが満足しています!

『Apple Time Capsule』の最安値をAmazonでチェック
次の投稿 前の投稿 ホーム