Evernoteの共有機能を使えば、共同でナレッジを形成したり、ナレッジを商品化することもできる

あまり活用されてないけどEvernoteの共有機能はすごく便利で、特定のノートブックを特定のユーザーだけに公開して、さらに閲覧だけさせるのか編集もできるようにするのか指定することができます。

この機能を活用すれば、社内でのナレッジ形成だけでなく、同じテーマのナレッジを蓄積している誰かとそのテーマのノートブックを共有することもできます。

ライフハックとかIT技術の勉強会で知り合った人とエバ友になるとかもいいかもしれません。

また、コンサルタントが、契約しているクライアント企業の人に対して特定のノートブックを見れるようにするとかもアリだと思います。Evernoteを介して、自分が形成したナレッジを商品化することが可能です。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話