Amazonのレコメンド機能を最適化して、本当にほしいモノをレコメンドしてもらえるようにする

人の価値観は変わるので、過去に買ったけど今はその関連商品にまったく興味がないというモノもたくさんあると思います。

Amazonのレコメンド機能は便利なのですが、通常はそうしたモノもレコメンドのデータとして使われてしまうので、今は興味がないモノをレコメンドされることも少なくありません。

そういった状況を改善するためには、Amazonのレコメンド機能を最適化する必要があります。


過去にAmazonで買ったものの興味がなくなったモノについては、「おすすめ商品を正確にする」というページで、「おすすめ商品に使わない」にチェックを入れましょう。

また、「お客様へのおすすめ」ページで、商品の評価や「持っています」や「興味がありません」にチェックを入れることでも、レコメンドを最適化することができます。

Amazonのレコメンド機能を最適化することで、自分が今本当にほしいモノを効果的にレコメンドしてもらえるようになります。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話