Top-ads

Powered by Blogger.

新しいiPadはSoftbank 4Gに対応するかもしれない

By | 金曜日, 3月 09, 2012 1 comment


電波のことは特別詳しいわけではないので、まったく検討外れなことを書いてるかもしれませんが、一応思ったことを書いてみます。

先日発表された「新しいiPad」(仕様よりも名前の方がインパクトありましたね!)は、TD-LTEで2.5GHz帯のSoftbank 4Gには対応しておらず、日本では4Gに非対応との話が出ていますが、わりと近いうちに対応するんじゃないかと思っています。

新しいiPadがTD-LTEに対応している可能性

新しいiPadに搭載されている通信モジュールがTD-LTEに対応している「Qualcomm MDM9600」らしいのと、USサイトの新しいiPadの仕様でLTEをFDDに限定して書いてるわけでもなく、すでにソフトウェア的にもTD-LTEに対応してる可能性は高いです。

Softbank 4Gの周波数の問題

先日ソフトバンクがプラチナバンドを使えるようになったことで、現在2GHz帯を使っているiPhone・iPadの3Gのトラフィックをプラチナバンドに移して軽減することをソフトバンクが公表しています。

このため、2GHz帯にかなり余裕ができるので、Softbank 4Gを現在の1.5GHz帯から新しいiPadに対応した2GHz帯へ移行する可能性も考えられます。

この両方の考えが正しければ、年末頃には新しいiPadがSoftbank 4Gに対応するんじゃないかと思いますがどうでしょうかね。

次の投稿 前の投稿 ホーム