Top-ads

Powered by Blogger.

国内Wi-Fiスポットにも対応してるSkype Wi-Fiが便利かもしれない

By | 土曜日, 4月 21, 2012 Leave a Comment


以前、海外でネットに接続するのに、Skype W-Fiのアクセスポイントが多いのかと思って調べてみたら、海外でのアクセスポイントが多いどころか、HotSpot(NTTコミュニケーションズ)・BBモバイルポイント・livedoor Wirelessと国内の主要な公衆無線LANすべてが対応してるらしく、「これはすごい!」と思って、すぐにBBモバイルポイントが設置されている近所のマクドナルドで試してみました。

その結果、全然使えなかったので、Skype Wi-Fiを活用するのは諦めました。

一応公式に案内されているSkype-WiFiの接続料金は以下のとおりです。

  • livedoor Wireless 税込18.63円/分
  • BBモバイルポイント 税込18.63円/分
  • HotSpot(NTT) 税込18.63円/分
  • Tomizone 税込4.90円/分
  • Wi2 税込17.25円/分
最も高い価格帯でも、5分で93.15円、30分で558.9円と、一時的に外出先でネット接続が必要になった時の金額としては悪くないと思います。

ただ、使えなかった...

Wi2エリアは完全に使えるらしい

しばらくSkype Wi-Fiのことは頭から離れてたところで、昨日こんなニュースが出ていました。

スカイプ、ゴールデンウィーク期間中にSkype WiFiサービスを無償提供 国内の空港、駅、飲食店などで高速インターネットが利用可能に

このキャンペーンの対象がWi2限定だったのが気になって、Wi2について調べてみたら、過去にWi2の提供元である株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスは、公式にSkype Wi-Fi(旧名称Skype Access)への対応を公表していました。

どうやら、Wi2エリアならSkype Wi-Fiは完全に使えるようです。

日常的に外出先でPCをネットに繋ぐ必要性があるのであれば、モバイルWi-Fiルーターを使った方がいいかと思いますが、iPhone・iPadとクラウドサービスを使っていると、普段は外出先でPCをネットに繋ぐ必要性はほとんどないので、そういった人にとっての臨時の接続手段としてはかなり優れていると思います。

また、世界中で使うことができて、先日海外に行った時もSkype Wi-Fiの対象アクセスポイントが行く先々にありましたので、1日フルに外出先でネット接続する必要がなければ、国内キャリアの海外パケット定額サービスを使うよりも安くていいと思います。

とりあえず、ゴールデンウィーク中は最大60分まで無料で使えるらしいので、Wi2エリアで試してみようと思います。
次の投稿 前の投稿 ホーム