Appleワールドトラベルアダプタキットは海外で使うだけでなくiPhoneを高速充電できて便利



これまで出張・旅行用に、無印良品の「トラベル用変換プラグアダプター」と、同じく無印良品の「ジョイントタップ・コンセント4個口/USBポート2個口付」「延長コード・3M」を使っていましたが、これをApple純正のプラグアダプターである「Appleワールドトラベルアダプタキット」に買い替えました。

買い替えた理由

順調に持ち物を減らしていったため、出張・旅行で持っていく電子機器はMacBook Pro・iPhone・iPadだけになっています。(来月にはこのMacBook Proもより薄くて軽くなることと思います)

これらの機器を同時に充電したかったことと、変形型のプラグアダプターにMacBook Proの電源アダプターのような重みのあるものを直接挿すと、重みに耐えられなくなって抜けるため、OAタップを使っていました。

しかし、最近になって「Macbook Proは、電源アダプタに接続されていれば、スリープ中でもUSBからiPhoneやiPadの充電ができる」ということを知り、それなら持ち物が減らせるし、コンセントにMacBook Proの電源アダプターを直挿ししても問題のないApple純正品のワールドトラベルアダプタキットに買い替えようということで、買い替えました。

iPhoneを高速充電できる

また、Apple Storeの商品ページに書いていないけど重要な点として、ワールドトラベルアダプタキットに同梱されているUSB電源アダプターは、iPadに同梱されているものと同じ2.1Aのものになります。通常の速度でiPadの充電ができて、iPhoneの場合は高速充電ができます。

外出先での充電時間を短くしたくて、以前単品で「Apple iPad 10W USB電源アダプタ」(2,980円)を買ったのですが、最初からワールドトラベルアダプタキット(3,800円)を買っておけばよかったです。

外出時に高速充電するためにアダプターを買おうと思った方で、出張や旅行で海外に行かれる可能性があれば、ワールドトラベルアダプタキットの方をオススメします。



このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話