iCloudのリマインダーをGTDに活用、しかもチームで共有できる


以前、「iCloudのリマインダーをGTDに活用する」って記事を書いて、今でもずっとGTDツールとして活用していて、さらにチームで共有できたらもっと便利なのになと思っていたら、Mountain Lionのリマインダーアプリからリスト単位でシェアできることがわかりました!

Appleが特にアナウンスしてないので、こういうことができるのを今朝たまたま知ったのですが、これができると、全社単位やプロジェクトチーム単位でリマインダーをシェアするとか、チームでGTDとして使うとか、色々と工夫できそうです。

リマインダーの共有設定


まずは、リストを共有したい人の作業です。リマインダーのリストにカーソルを合わせると、リストの右側にアイコンが出るのでそれをクリックして、そこにメールアドレスを入力します。アドレス帳に登録されている人なら、氏名に置き換わります。


相手にメールが届きます。ここからは相手側の作業です。メールの「リマインダーへ参加」をクリックすると、iCloud.comのログイン画面が表示されるので、Apple IDでログインします。

スクリーンショットを撮りそびれたのですが、リマインダーアプリを開いた時にリストの共有を承諾するかどうかの画面が出るので、承諾してください。

これでリマインダーの共有設定は終了です。


正しく共有されれば、自分の方にこのような通知が届きます。

家族間でシェアするのも便利だと思います。過去記事の「iPhoneのリマインダーでGTDを実践するためのポイント」も参考に活用してみて頂ければと思います。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話