重曹よりもはるかに手軽でキレイに掃除できる超電解水


人間は基本的に怠惰だと言われていますが、自分とか特に顕著な方で、ブログで紹介してるように自分の部屋をものすごくシンプルにした主な理由は、「そもそもモノがなければ掃除が楽でいいよね」ってことなので、自分の部屋の掃除はかなり楽です。

床にはほとんどモノがなく、窓にはカーテンすらなくプライバシーシートを貼ってるだけとか、いかに掃除が簡単に済むかを徹底しました。部屋の掃除はほとんどモノを動かすことなく、適当に床に掃除機かけて、デスクをクロスで拭けば終わる感じです。

そのデスクをクロスで拭く時とか、キッチンやトイレの掃除とか、年末の大掃除とかで重曹を使って掃除すると汚れが簡単に落ちて便利だったのですが、もっと良さげなのがあって数年前から使っています。

重曹で掃除をする時は、事前に準備したり、後拭きしないといけないので、使わないよりは全然いいのですが、それでも若干面倒です。

結局のところ、アルカリ性であればいいのだから何か最初から液体なやつとかないのかと思って調べたところ、「超電解水クリーンシュ!シュ!」ってのを見つけました。

一応、オフィシャルサイトがあるのですが、深夜の通販番組とかでよく見かけるインチキ臭さがあります。当初このオフィシャルサイトのせいで購入をためらったのですが、検索するとユーザーの評判は良かったので買ってみました。


中身は、pH12.5のアルカリ性電解水です。界面活性剤やアルコールとかが含まれていないので安全なのと、単に無印良品とかのスプレーボトルに詰めておけばすぐに使えて、面倒な二度拭きも不要です。薬品が含まれていないので、使える対象も多いです。

重曹よりも簡単に使えて、汚れ落ちが良くて、重曹って何だったのかと反省してしまうほどです。

年末の大掃除で一度使ってみてはどうでしょうか。ボトルタイプよりも4Lのを買ってスプレーボトルに詰めた方がだいぶお得で、大体1年くらいは使えます。


超電水クリーンシュ!シュ!


このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話