旅費3.5万円で行った九份・台北3泊4日の旅


国際奉仕団体ライオンズクラブの100周年国際大会が今年6月末からシカゴであって、今年は自分がクラブ会長なのでクラブで参加者を募ったものの、皆さんシカゴに行くスケジュールを確保するのは難しいということで、「そうであれば3泊でいける台湾とかはどうですか?」とその場のノリで聞いたのから、いくつか団体の枠を越えて集まった台湾旅行。

九份・台北 3泊4日 旅費(航空券+宿泊費)35,609円

  • チャイナエアライン(楽GO) 成田・台北 往復 19,540円
  • Taipei Hotel Bfun 台北甄美精品旅店 3泊 16,069円

1日目 6月18日

直前になって深夜にフライト遅延のメールが来たので、現地ホテルに連絡して、予約してた空港送迎の時間を変更してもらう。このせいで寝不足気味になる。

始発で成田空港 第2ターミナルへ。一緒に行く人たちと待ち合わせ。

集合してからチェックインを済ませて、海外旅行保険の希望があったのでその手続きを済ませてから朝ごはんへ。しかし、朝ごはんを食べに行ったはずが、みんなビールを飲み始める。



搭乗。現地の天候が悪いということで、元々遅延していたフライトがさらに45分遅れる。これで、桃園空港に到着したのが空港送迎の時間ギリギリになってしまい、プリペイドSIMを買う時間が取れなかった。

ホテルに到着、チェックイン。外見が恐ろしくボロいものの、中はキレイで一泊6,000円(2人1部屋なら、1人3,000円)くらいで泊まれる穴場。

ロビーにミル付きコーヒーメーカーがあって24時間自由に飲める。カップもウォーマーで温められていて完璧。美味しい。

Beauty Hotels Taipei - Hotel Bfun
https://jp.hotels.com/ho458779/beauty-hotels-taipei-hotel-bfun-tai-bei-tai-wan/



チェックイン後に、近くの伍柒玖牛肉麵(網走刑務所)へ。日本語が通じるのと、台湾ビールの生や紹興酒・日本酒・焼酎と酒が揃っているので、居酒屋としては最高に使いやすい。オーナーが網走と縁があるみたいで『網走刑務所』『脱走』ののれんがシンボルになっている。

店名に牛肉麺とあるが、牛肉麺のレベルは高くなくて、むしろエビチリ・チャーハン・葱のパンケーキなどが美味しい。



食後、ホテルに戻ってからVELTRAで予約していたハイヤーで九份観光へ。ドライバーは、日本語が話せて親切で良かった。

【貸切】九份観光ツアー + 十分天燈上げ + 猫村 朝・午後・夜選べる出発時間 <ホテル送迎付/日本語ドライバー> by Daito Hyer
https://www.veltra.com/jp/asia/taiwan/taipei/a/106585

途中、基隆港の海軍基地や要塞司令部などのスポットに寄ってもらってから、九份へ。

九份の写真でよく出てくる有名なお茶の店『阿妹茶樓』で、烏龍茶を飲む。お茶とお茶菓子がセットで約1,200円。お茶菓子が思いのほか美味しい。

千と千尋の神隠しのモデルになったと噂もされてるけど、実際はそうではなくて、似てると言われてから、むしろ全力で似せてきてる感じ。しかしまあ、モデルになったかどうかは別として、実際雰囲気は似てるので行く価値はありますね。



この時期の日没の時間に旅程を合わせたので、九份の夜景も少し見ることができました。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


ハイヤーで台北に戻り、地元の海鮮居酒屋巡りへ。食事も安いけど、特にビールが安い。若い人が多くて賑やか。最後はまたホテル近くの網走刑務所へ。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


2日目 6月19日

小籠包で有名な鼎泰豊の本店へ。昼時は混むので、いつも開店の10時と同時にブランチとして利用してる。

小籠包・餃子・焼売と野菜系のサイドメニューを注文。この店で点心系が美味いのは当たり前として、茹でタケノコの美味さが想定外だった。



続いてすぐ近くのSMOOTHIEでマンゴーかき氷。1人・2人だと食べる気がしない量だけど、多人数だとシェアしやすい。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


そこから徒歩で中正紀念堂へ。展示物が色々あって楽しめた。ここの自由広場で前日と同じハイヤーにピックアップしてもらい、台北観光へ。

【貸切チャーター】 台北を自由に観光 <日本語ドライバー/最大8名> by Daito Hyer
https://www.veltra.com/jp/asia/taiwan/taipei/a/16113

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


総統府を経由しての孔子廟。この日はお休みらしく中には入れなかったので、門の前と猿のオブジェのとこで写真を撮っただけ。ドライバーに薦められてすぐ近くの大龍峒保安宮を観光。孔子廟は以前行ったことあるけど、こっちの方が装飾はすごい。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


世界四大博物館の故宮博物院へ。短時間では何も見られないので、とりあえず外観見学と記念写真を撮るだけ。一緒に行った人のうち2人が、翌日ここの見学に行きました。自分はもう何度か行ったのでパス。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


台湾最古の公衆浴場 瀧之湯がある北投温泉へ。瀧之湯は、PH1の強酸性でゆっくり入れる感じではないので、すぐ近くの加賀屋の日帰り温泉へ。

日帰り温泉だけで、約6,000円とバカみたいに高額だけど、事前にクーポンを買うと4割引に。それでも高いけど、泉質は良かったので一度行く価値はあるかなと。

【日帰り温泉】台北 日勝生加賀屋 大浴場入浴券&事前予約サービス
https://www.veltra.com/jp/asia/taiwan/taipei/a/16361

加賀屋から北投駅までの無料シャトルバスがあったのでそれを利用して、電車と徒歩で士林夜市へ。



福州世祖胡椒餅の胡椒餅、阿宗麺線の麺線、一口蟹の唐揚げと、コンビニでビールを買って、夜市客向けに開放されてる士林慈諴宮で宴会。

最後はまた網走刑務所に行ってから、足マッサージのため3Q養生館へ。

日本語の台北観光雑誌を渡してくれて、足湯と足裏マッサージの間に読めるなど、サービスはかなり良い。台北ナビのクーポンを使うと、一部のコースが割引になるのでそれを利用。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


3日目 6月20日

通化街米粉湯で朝食。24時間営業なのか、夜遅くも早朝も開いてて便利。魯肉飯と大根スープが美味しい。



3日目の予定は何も決めてなくて、前日は外観見学だけになった故宮博物院、ショッピング、動物園など、それぞれ行きたいところへ。自分は動物園へ。

動物園観光のメインになるはずだった猫空ロープウェイは残念ながらメンテナンス中で乗れず。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


前日の夜市で美味しかった阿宗麺線の麺線を食べに、西門の本店へ。西門ははじめて行ったけど、面白そうな感じで、このエリアに泊まる予定があるので楽しみです。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


前日ここに来てなかった人と3Q養生館で足マッサージ。

夜は、火鍋食べ飲み放題のチェーン店へ。肉・魚介・野菜と具材の種類が揃っていて、食べ放題の割には質が良くて美味しい。酒はビールとワインが置いてあって、酒も含めた食べ飲み放題で一人約2,500円。

中国人もいて、店内もそこそこ賑やかだったはずなのに、店員に「Too Loudly(うるさ過ぎる)」と注意される。



最後は以前から気になっていたものの、敷居が高い感じがして行ってなかったジャズバーSwingへ。

サンダルで行ったら入店拒否されるんじゃないかとか言ってたのに、入って見たらずいぶんとユルい感じで居心地が良くて、敷居が高いということはなかったですね。台北に行ったら寄りたいお店が増えました。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


4日目 6月21日

再び通化街米粉湯で朝食。いつも通り魯肉飯と大根スープを注文。

ホテル向かいのシンシンデパートでお土産を買ったりしてから、ホテルでチェックアウト。タクシーで台北駅へ移動してから、新たに開通したエアポートMRTで桃園空港へ。



プライオリティパスの提携ラウンジ「Plaza Premium Lounge」でランチ&ランチ飲み。それぞれ、そのままラウンジで休憩したり、免税店でショッピングしたりして、帰国。

途中怪しかったものの、一人も失踪することなく、無事帰って来ました。

台北

  • タクシーは、日本語はもちろん英語が話せないドライバーも多いので、Uberを使うか、行き先を伝えるくらいの中国語は話せた方がいい。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話