旅費7万円で行ったジャカルタ・クアラルンプール4泊6日の旅


当日現地にいたのと、犯人グループとそれまでに同じルートで移動してて、金正男暗殺事件との関わりを疑われた旅行の話。

ジャカルタ・クアラルンプール 4泊6日 旅費(航空券+宿泊費)65,791円

  • エアアジア 羽田・ジャカルタ(クアラルンプール乗継) 片道 18,590円
  • エアアジア ジャカルタ・クアラルンプール 片道 5,269円
  • エアアジア クアラルンプール・羽田 片道 12,083円
  • Somerset Grand Citra Jakarta 1泊 10,124円
  • Somerset Ampang Kuala Lumpur 3泊 19,725円

1日目 2月8日

よく一緒に海外に行く人と待ち合わせ。深夜発のフライトなので、とりあえず御徒町の蜀郷閣で飲み会。モツ鍋と麻婆豆腐が美味しかった。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on




22:00頃、羽田空港に到着。空港で少しダラダラしてから、23:45発の飛行機でクアラルンプール空港へ。

2日目 2月9日

早朝5:30、クアラルンプール空港に到着。一緒に来た人とはここで一旦別れて、自分はここからさらに8:50発ジャカルタ行きの便に乗り換え。

だいぶ時間が余っているので、プライオリティ・パスの提携ラウンジ Wellness Spaで朝食&仮眠。このラウンジの食事はイマイチ。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


ジャカルタ空港到着。空港内で両替してから、出口付近のコンビニとは言い難い小さな商店で、現地のSIMを調達。事前に調べたときに見かけたKINGとかQUEENとかのSIMショップは、もうなくなったみたいでした。(移動したのか見つからなかっただけかも)

iPhone用のnanoSIMはないらしく、SIMカッターでサイズを調整された。(カットしたSIMが原因でSIMスロットにダメージないのかいつも気になる)

市内の観光地イスティクラルモスクまでUberで移動。Uberが使えると、はじめての国でも結構安心して移動できる。

イスティクラルモスクは、観光客の受け入れをしていて、イスラム教徒でなくても入ることができる。まずは、台帳に氏名・国籍・宗教を記帳する。インドネシアで無宗教は犯罪扱いされるらしいので、もし無宗教なら神道または仏教と言っておくのが無難だと思う。

その後、靴を預けて中に入る。勝手にガイドの人が付いてきますが、これは無料ではありません。あとでチップを要求されます。10,000ルピア(約100円)渡しておけば十分ですが、ガイドの質が良かったら、もう少しあげてもいいのでは。

礼拝前に水でお清めするウドゥは、わざわざやり方覚えていったのに、イスラム教徒でないのでやらせてもらえなかった。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


イスティクラルモスクのそばにもう一つ有名な観光地である独立記念塔があるので、トゥクトゥクで移動。この敷地は出入口があまりなくて、帰りに出口を探してそこそこ広い敷地を歩き回ることになった。超疲れた。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


Uberでホテルまで移動。会員になってるAscottグループのホテル。

Somerset Grand Citra Jakarta

リビング、ダイニング、ベッドルーム、キッチン、ランドリールームに加えて、洗濯物干すだけの部屋と窓のない狭い部屋があった。おそらく、マンションをリノベーションしてホテルにしたもので、メイドが住む用の部屋だったのでは。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


ホテルのすぐ近くにあるロッテ・ショッピング・アベニューへ。ここには人気店のSeribu Rasaがあって事前に予約していた。すごく美味しかった。

ネット予約は受付フォームが機能しなくて、直接メールするも無反応だったので、電話で予約したけど、インドネシアは訛りが強くて簡単な単語が通じないのがあったりして、すごく時間がかかった。

しかも、名前を伝えるときに何度伝えてもわからなかったらしく、最終的にアルファベット3文字で「AKI」でいいよって言ったんだけど、現地に行ったら「AJI」にされてた。本当にそのくらい訛りが強くて伝わらない。

このショッピングモールは、金正男も来たことがあるらしい。

この旅行の最終日に、自分たちもいたクアラルンプール空港の第2ターミナルで、正男が暗殺されることになるんだけど、この時はまだ知らない。

しかも、犯人グループが暗殺の予行練習をしたのがこのショッピングモールらしいとか、この前月にバンコクに行った時に犯人グループと一日差で入国してるとかで、色々と疑われることになる。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on

3日目 2月10日

ジャカルタ24時間弾丸ツアーを終了して、クアラルンプールへ移動するため空港へ。

ジャカルタの渋滞は世界最悪らしくて、まったく時間が読めないので、10:50発のフライトだったものの、6:30にホテルを出発。この時間帯はまだそれほど混まないようで、8時前には空港に着いた。

出発までプライオリティ・パスの提携ラウンジ「Premier Lounge」で朝食を食べる。ただ、混んでてうるさかったので、すぐ横の「Pura Indah First and Business Class Lounge」に移動して、ここで休憩。こちらの食事は見た感じイマイチだったので、この順番で正解だった。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


クアラルンプール国際空港に到着。事前に空港から市内までの特急「KLIA Ekspres」のチケットを買っていたのと、駅と車内でWiFiが使えるので、空港では両替もSIMカードの購入もせずに市内のKL Sentral駅まで移動。

KL Sentral駅から直結のショッピングモール「Nu Sentral」にある両替所で両替。ここはかなり両替レートが良いらしい。

さらにSIMカードを買ってから、ホテルまでUberで移動。運転手がどう見てもピコ太郎。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


Somerset Ampang Kuala Lumpur

ホテルはジャカルタと同じく会員になってるAscottグループのホテル。メールで貰ったクーポンを使ったので、この広さと設備で一泊6千円台とかなりお得に。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


夜は、一緒に来た人と合流してブキビンタンのバー巡りへ。ビールが安いハッピーアワーの時間帯にいくつかまわってから、すぐ近くの屋台街ジャラン・アローで夕食。この雰囲気がすごく良かったのと、屋台のラムBBQがすごく美味しかった。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on

4日目 2月11日

ホテル1Fのレストランで朝食を済ませてから、国立モスクとその周辺の観光をするため地下鉄で最寄駅のPasar Seniへ。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


Pasar Seniからは、陸橋を渡って、立体駐車場の階段を下りて、さらに地下通路を下って上ってと、そこそこ距離があるうえに起伏が激しいので、相当疲れる。

国立モスクに行くなら、絶対にタクシーで行った方がいい。これのせいでバトゥ洞窟行くのが面倒になって、次回の旅行へ先送りすることになった。

国立モスクは、中には入れなかったものの、外観見学だけでも見る価値あり。近くの博物館も良かった。博物館にはレストランがあって、コーヒーも飲めるので、ここで休憩。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


UberでSURIA KLCCへ移動。人気店のMadam Kwanでランチ。ジャラン・アローの屋台で出ているような料理でも、ここで食べると別格の美味さ。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


海外で通話専用で使うサブ携帯として欲しかったNokia 150を買いにITのショッピングモール Lao Yat Plazaへ。

1月のバンコクでは見つからなかったNokia 150がここでようやく買えました。BlackBerryとかも安く売ってて惹かれたものの、通話専用として使うには大きすぎるので、予定どおりNokia 150にしました。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


Lao Yat Plazaの1FにあるJamaica Blueでコーヒーブレイク。購入したNokia 150を早速セットアップ。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


また、ブキビンタンのバーを回ってから、マレーシア鍋料理スチームボートが食べられるHakka Restaurantへ。ビアガールがいて、空きそうになったらすぐにビールを持ってくるので、ビール飲むペースが早くなる。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on

5日目 2月12日

朝食は抜いて、ランチは南香飯店(NAM HEONG)でチキンライス。200円もしなかったと思うけど、すごく美味しい。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


ブキビンタンでフットマッサージに行ってから、またバー巡り。

ライブミュージックのバーを見つけて入るも、楽器は置いてあるだけでパソコンから音が出て、女の子がカラオケで歌ってるだけという場末感満載の店だったので、早々に切り上げて次の店へ。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


二軒目のライブミュージックバー Sutraa Kitchen Barは、かなりのレベル。ミュージックチャージ取られない店でこのレベルの高さはすごい。クアラルンプールに来た時は定番にしようと思った。

A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on


6日目 2月13日

帰国のため、ホテルからUberでクアラルンプール空港第二ターミナルへ。すぐ近くで正男が暗殺される。

上でも書いたけど、犯人グループが暗殺の予行練習をしたのが直前に行ったジャカルタのショッピングモールらしいとか、この旅行の前月にバンコクに行った時に犯人グループと一日差で入国してるとかで、色々と疑われることになる。

この翌月、正男の家族が住んでるマカオに行く予定だったので、そこでまた事件があると本当に拘束されるんじゃないのという話になったけど、何もなかったのでそっちの旅行も無事に帰れました。

ジャカルタ

  • 世界最悪と言われる渋滞がひどくて移動時間が読めない。
  • 治安は思っていたほど悪くなかった。
  • 訛りが強くて英語でのコミュニケーションが難しい。電話だと特に。
  • ブロックMという繁華街があって、夜遊びしたい人はその近くに泊まるといいらしい。

クアラルンプール

  • 街中は整然としていて清潔感がある。
  • タクシー代がものすごく安い。1回200円くらいで移動できる。
  • 酒の価格は高いものの、その他の物価はかなり安い。
  • ほとんどブキビンタンで食べ飲み歩きしてたので、最初からそのエリアに泊まっておけば良かった。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話