自宅アイテム


シンプルライフを実現するための自宅アイテム

ノートパソコンをさらに便利にするディスプレイ

27インチのIPSパネル、P3広色域、500cd/m²の輝度を持った5Kディスプレイ「LG UltraFine Display 5K」。ノートパソコンとの接続は、USB-Cケーブル一本でシンプルです。この一本のケーブルで充電もされます。

ドラマや映画を観るのは好きなんですが、いちいちレコーダーで録画予約するのも、外出先でリモート視聴するのも面倒なテレビはやめて、観たいコンテンツをいつでもどこでもすぐに観られるNetflixやAmazonプライムビデオを自宅ではこれを使って観ています。

作業領域が広がり、さらに便利になることで、すべてをノートパソコンに集約するようになり、結果としてモノも減りました。


ペーパレスを実現するドキュメントスキャナー

富士通のドキュメントスキャナー「ScanSnap iX500」は、パソコンを介さず直接クラウドサービスにスキャンしたデータを送信できるScanSnap Cloudと連携させています。

名刺は名刺アプリの「Eight」へ、書類は個人アカウントの「OneDrive」へ自動保存され、仕事の書類は、後から会社アカウントのOneDriveへ移動させています。

昔のアルバムとか冊子で残しておきたいものは、裁断機でバラしてから、これでスキャンしました。今は、裁断機ではなくキンコーズなどの裁断サービスを使っています。

パソコン利用のためのワークチェア

パソコン利用時の体への負担を大きく軽減するコンピューターワークのために設計されたワークチェア「Herman Miller Embody Chair」。

実売価格で20万円以上と高めですが、ワークチェアによる健康への影響は、将来的な作業効率にも大きく影響するので、長期的に考えればかなりお得だと思います。保証期間も長く、12年保証です。



このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話