Top-ads

Powered by Blogger.



品質の高いITサーヴィスを競争力のある最良の価格で提供するための徹底した合理化

Apple製品でコスト削減と業務効率の向上

ハードメーカーとしては圧倒的シェアで部品調達コストを抑えられ、レーザー切削など製造工程レベルでの革新的な工夫、限られたプロダクトへの集中投資など、性能・品質に対するコストパフォーマンスが極めて高く、シームレスな連携で業務効率も高いApple製品の導入で、システム機器への投資効果を最大化。

さらに、Apple製品同士での機器の組み合わせによる動作不良も起きないため、業務停止コストを最小化。



業務の完全なクラウド化で生産性を向上

Google Apps、Salesforce、Zendeskなど、世界のトップ企業 Fortune Global 500 の多くでも採用される信頼性の高いエンタープライズレベルのクラウドサービスを中心に業務の生産性を向上。



シェアオフィスの活用でモバイルワークへの集中投資

複合機や10人以上のミーティングスペース、専任の受付スタッフなど、占有するほど稼働しない様々なリソースを効率良くシェアでき、法人登記や従業員の利用登録ができるシェアオフィスを活用。リソースへのムダな投資をなくし、自社の競争力の中心となるモバイルワークへの集中投資へ。