投稿

6月, 2009の投稿を表示しています

iPhone 3GSを購入、W-ZERO3シリーズと比べて圧倒的な進化

昨日、予約していたiPhone 3GSを購入。これまで使っていたW-ZERO3シリーズと比べて圧倒的な進化を感じました。 インターフェースの完成度が高い まず、インターフェースの完成度の高さに驚きました。インターフェースは、旧モデルから変更されていないため、今回も「まあ、そこそこスゴイ」くらいに思っていていましたが、新モデルでのハードウェア性能の向上による大幅なスピードアップで、まったく別物と思えるような操作感になっています。 これまでは、ハードウェア性能がネックになり、操作スピードが遅かったため気づきませんでしたが、iPhoneのインターフェースの完成度はかなりのものでした。 標準スケジューラが使いやすい Windows Mobileでは、まったく実用性がないといっても過言ではない標準のスケジューラに代わり、さいすけを使っていました。 Windows Mobileのスケジューラが使い物にならない一番の原因は、月表示で予定の件名が表示されないことで、同じ仕様のiPhoneの標準スケジューラも実用性は低いと思い、こちらもさいすけを導入するつもりでしたが、実際にiPhoneの標準スケジューラを使ってみると、そのような仕様でも実用性は損なわれておらず、非常に使いやすかったため驚きました。 ブラウザが使いやすい iPhoneのブラウザは、Macと同じくSafariが採用されています。ページのレイアウトが崩れることもなく、Windows MobileのIEやOperaとは比にならない使いやすさです。 Google Apps とのオンライン同期 メール、カレンダー、連絡先は、Google、Google Apps、Exchange Serverのデータとオンラインで同期ができます。 オンラインでの同期は、もちろんWindows Mobileでも出来るのですが、ウィルコムの回線速度が遅いため、これまでは使っていませんでした。 USBやBluetoothによるPCとの同期のように、外出前に同期するのを忘れて(面倒でサボって)端末の情報が最新ではないということがないため、大変便利です。 ソフトウェアキーボードが使いやすい ソフトウェアキーボードの場合、タッチミスによる誤入力が大きな課題となっています。 これまでのPDAやスマートフォンで

iPhone 3GSを予約、iPhoneユーザーへ

これまで、主にスケジュール管理とメールのための情報端末として、以下の製品を使ってきました。 CASSIOPEIA A-50 (CASIO) Zaurus MI-E1 (SHARP) Zaurus SL-C700 (SHARP) Zaurus SL-C750 (SHARP) W-ZERO3 (SHARP) W-ZERO3[es] (SHARP) Advanced W-ZERO3[es] (SHARP) WILLCOM 03 (SHARP) W-ZERO3からWILLCOM 03までのW-ZERO3シリーズは、Zaurusからの派生と言えるものであるため、学生の頃に買った最初のCASSIOPEIAを除けば、8年半に渡り同シリーズの製品を使い続けてきたことになります。 また、Zaurusについては、ウィルコム(当時はDDIポケット)のAIR-EDGEと併せて使っていたため、SHARP&ウィルコムという組み合わせで長年活用してきました。長年この組み合わせだったのも、これが常に自分のニーズを満たすものであったからです。 そのため、当然、次もその次もW-ZERO3シリーズを買い続けると思っていたのですが、昨年の中旬あたりから、W-ZERO3シリーズが自分のニーズを満たせなくなっていました。 快適なブラウジングができない これまでは、外出先でPCサイトを見る必要性はほとんどなかったため、W-ZERO3での通信はメールが中心で、実測100kbps前後という通信速度でも十分でした。 しかし、最近になって、外出先でPCサイトを見る必要性が高まり、通信速度の遅さがネックになっています。 また、通信速度のみでなく、W-ZERO3シリーズ特有の問題か、Windows Mobileの問題かはわかりませんが、ネット接続までに10秒近くの時間がかかり、そこからサイトの読み込みがスタートするため、実用性が極めて低いのです。 期待していた WILLCOM CORE も、普段利用する範囲で使えるのは想定よりもずっと先のようで、W-ZERO3を今後も使い続けるのは難しいと思えてきました。 W-ZERO3メールの改悪 また、メールが主な用途の一つであるにも関わらず、メールソフトが改悪されました。 まず、メールへのアクセスが格段に遅い。従来は、W-Z