投稿

0.7mm 青へのこだわりと、速乾性が高くて滲まず書き味も良い 三菱鉛筆 ジェットストリーム

イメージ
高校の入学祝いでPARKERのボールペンをもらったのをきっかけに、そこから10年以上ずっとPARKERを使っていました。人にプレゼントする時もPARKERをよく贈っていました。

ミニマリズムを意識し始めてからは、無印良品のボールペン、Moleskine ローラーペンプラスと替えてきて、今は「三菱鉛筆 ジェットストリーム 0.7mm 青」を使っています。

過去のボールペンもそうでしたが、ボールペンは「0.7mm」と「青(ブルーブラック)」を選んでいて、ここには少しこだわりがあります。

スキャンして共有するというデータ時代に対応する 紙の文書をスキャンした場合、原本を忠実に取り込める訳ではないので、文字が読みづらいという現象が起きることがあります。(特にモノクロで読み取った場合)

0.7mmのボールペンだと、文字がハッキリするので、手書きした箇所でこれが起きることがなくなります。

ノートにびっしりと書き込むような使い方でなく、基本的にデジタルデバイスを使っていて、注釈を入れる程度の使い方であれば、文字がそこそこ太くてインパクトのあるこのサイズがベストではないかと思います。

また、インクが黒ではなく青であれば、誰かが手書きした部分が含まれる文書がコピー機でコピーされ、会議で資料として配布された場合、そこに自分が追記したものが一目でわかります。

スキャンしてチームで共有した時も、自分が後から追記したところだと他者が見てもわかります。

(この場合、原本の状態は確保しましょう。元データがあるのならいいですが、ない場合は直接追記せずに付箋を使うか、追記する前にスマートフォンのドキュメントスキャンアプリで撮影しておいた方がいいですね。)

0.7mmと青にこだわるのは、スキャンして共有するというデータ時代に、0.7mmであることや青であることの実用性が高まったというのが理由です。

青(ブルーブラック)は、国内でも海外でも公的な機関ではそのまま使えますが、ビジネスで使う場合は、念のため会社でのルールを確認した方がいいと思います。

速乾性が高くて滲まず書き味も良い 三菱鉛筆 ジェットストリーム これまでMoleskineとセットで使っていたMoleskine ローラーペンプラスは、書き心地が悪いというほどではなかったものの、良いというものではなく、一番の問題となっていたのが、インクが…

旅費7万円で行ったジャカルタ・クアラルンプール4泊6日の旅

イメージ
当日現地にいたのと、犯人グループとそれまでに同じルートで移動してて、金正男暗殺事件との関わりを疑われた旅行の話。

ジャカルタ・クアラルンプール 4泊6日 旅費(航空券+宿泊費)65,791円エアアジア 羽田・ジャカルタ(クアラルンプール乗継) 片道 18,590円エアアジア ジャカルタ・クアラルンプール 片道 5,269円エアアジア クアラルンプール・羽田 片道 12,083円Somerset Grand Citra Jakarta 1泊 10,124円Somerset Ampang Kuala Lumpur 3泊 19,725円
1日目 2月8日 よく一緒に海外に行く人と待ち合わせ。深夜発のフライトなので、とりあえず御徒町の蜀郷閣で飲み会。モツ鍋と麻婆豆腐が美味しかった。

#food #chinesefood #sichuanfood #spicy #allyoucandrink #ueno #tokyo #budget A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 6, 2017 at 6:57pm PDT

蜀郷閣

関連ランキング:中華料理 | 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅

22:00頃、羽田空港に到着。空港で少しダラダラしてから、23:45発の飛行機でクアラルンプール空港へ。

2日目 2月9日 早朝5:30、クアラルンプール空港に到着。一緒に来た人とはここで一旦別れて、自分はここからさらに8:50発ジャカルタ行きの便に乗り換え。

だいぶ時間が余っているので、プライオリティ・パスの提携ラウンジ Wellness Spaで朝食&仮眠。このラウンジの食事はイマイチ。

#travel #lounge #prioritypass #klia2airport #kualalumpur #malaysia A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 6, 2017 at 7:01pm PDT

ジャカルタ空港到着。空港内で両替してから、出口付近のコンビニとは言い難い小さな商店で、現地のSIMを調達。事前に調べたときに見かけたKINGとかQUEENとかのSIMショップは、もうなくなったみたいでした。(移動したのか見つからなかっ…

旅費5万円で行った香港・マカオ4泊7日の旅

イメージ
しばらく書くことがなかったので放置していたブログのデザインを変えて、各ページの内容も最新の状態に更新しました。

Webサービス・アプリ・持ち物はある程度完成形になってきて、あまり変化がなくなってきたので、趣味の旅行の話でも書いてみようかなと。とりあえず、直近で行った今年3月の香港・マカオの話でも。

香港・マカオ 4泊7日 旅費(航空券+宿泊費)54,629円香港エクスプレス 羽田・香港 往復 18,860円ターボジェット 香港・マカオ 往復 4,791円M1 Hotel North Point 1泊 8,043円ibis Hong Kong Central and Sheung Wan 1泊 7,963円Caritas Bianchi Lodge 2泊 14,972円
1日目 3月10日 よく一緒に海外に行く人と待ち合わせ。深夜発のフライトなので、とりあえず御徒町の「王さん私家菜」で飲み会。レビュー数が少ないからか食べログの評価がイマイチだけど、2時間飲み放題コースが2,980円からと安くてそこそこ美味しいお店。

#food #chinesefood #allyoucandrink #ueno #tokyo #budget A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 6, 2017 at 10:02am PDT

王さん私家菜

関連ランキング:四川料理 | 上野御徒町駅御徒町駅上野広小路駅

22:00頃、羽田空港に到着。空港で少しダラダラしてから、23:55発の飛行機で香港へ。

2日目 3月11日 早朝4:10、香港国際空港に到着。6:00までプライオリティ・パスの提携ラウンジ Plaza Premium Loungeで仮眠。早朝なのに結構人がいて、席取れないかと焦った。

#travel #hongkong #airport #lounge #prioritypass A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 3, 2017 at 7:38pm PDT

ここから単独行動に。空港直結の駅で両替とSIMカードの購入、オクトパス・カード(日本でいうSuica)の購入を済ませてから、事前に予約していたエアポート・エクスプレスで市内の香…

技適認証されてないスマートフォンの利用が条件付きでOKに 日本人でも

イメージ
訪日外国人が国内で技適認証されていない携帯電話を適法で使えるようにした5月22日の電波法改正について、日本人は対象にならなくて残念だという話をよく聞くのですが、その電波法の改正内容を確認したら、対象者が単に「本邦に入国する者」となっていて、これ日本人でも対象になるんじゃないの?という気がしてきたので総務省に確認してみました。

SIMのPINロックで不正利用による高額請求やワンタイムパスワードの盗聴を防ぐ

イメージ
携帯を紛失または盗難された時に、一番損害が大きくなる可能性があるのがSIMの不正利用です。

第三者が自分のSIMを手に入れた時に、SIMを別の端末に差し替えるだけでそのまま通信ができてしまうため、海外で利用された場合、思わぬ高額請求やセキュリティの問題が発生する可能性があります。

ワンタイムパスワードが盗聴できてしまう 二要素認証でのワンタイムパスワードをSMSで受け取っている人も多いと思うのですが、SIMを別の端末に差し替えられただけで第三者が自分のSMSを盗聴することができてしまうため、二要素認証が意味を持たなくなるケースが起こりえます。

SIMのPINロックで不正利用による高額請求やワンタイムパスワードの盗聴を防ぐ これらの問題は、SIMをPINロックすることで防ぐことができます。

SIMをPINロックすると、携帯を再起動した場合(スリープではロックされません)に、PINコードを入力するまでSIMが利用できない状態になります。

iPhone・iPadについては、下記アドレスのページにて、設定方法が記載されています。Androidの場合は、それぞれの機種の説明書をご参考ください。

iOS:SIM PIN について
http://support.apple.com/kb/HT1316?viewlocale=ja_JP&locale=en_US

また、各社デフォルトのSIM PINコードは、以下のとおりです。

docomo: 0000
au: 1234
SoftBank: 9999

携帯各社の新通話定額プランに合わせ、利便性・生産性は犠牲にせずにデータ使用量を削減する

イメージ
これまでは、標準のデータ使用量上限が7GBだったのが、携帯キャリア各社が新たにリリースした通話定額プランで料金を従来通りの水準に合わせると、1台ごとのデータ使用量上限は約2GBとなります。

プライベートでしか利用せず、快適さよりコストを優先させるのであれば、同期設定や自動ダウンロードを全解除するのもアリだと思いますが、ここでは利便性や生産性を犠牲にしない範囲でデータ使用量を削減するポイントをまとめました。

Google Chromeでブラウジングのデータ使用量を節約 ブラウザをGoogle Chromeにして、『データ使用量を節約』機能を使えば、ブラウジングのデータ使用量を最大50%削減できます。

Google Chromeで『設定』、『帯域幅』、『データ使用量を節約』とタップして、『データ使用量を節約』をオンにします。

写真のバックアップをWi-Fi接続時のみに制限する

自宅にWi-Fiがあるなら、1日1回はWi-Fiに繋がるので、写真のバックアップはこの設定で十分です。最近のスマートフォンで撮影された写真のデータサイズは結構大きいので、これだけでもかなりのデータ使用量が削減されます。

Facebookでは、『写真』、『同期済み』、右上の歯車アイコンとタップして、『写真の同期に使用』を『Wi-Fiのみ』にします。


Google+では、メニュー右上の歯車アイコン、『カメラと写真』、『自動バックアップ』とタップして、『写真をバックアップするタイミング』を『Wi-Fi経由のみ』にします。

アプリの自動更新をWi-Fiのみにする

アプリの自動更新をWi-Fiのみに制限することで、データ使用量を大きく削減できます。

iOSの場合は、iTunes & App Storeの『モバイルデータ通信』をオフに。Androidの場合は、Playストアの設定で『アプリの自動更新』を『Wi-Fiのみ』にします。

Wi-Fiでしか使わないアプリのモバイルデータ通信を制限する HuluなどWi-Fiでしか使わない(使いたくない)アプリのモバイルデータ通信を制限することで、データ使用量を削減することができます。iOSの場合は、『モバイルデータ通信』の『モバイルデータ通信を使用』のアプリ一覧で、モバイルデータ通信を制限したいアプリをオフにします。

海外旅行・出張でスマートフォンは機内モードにしない方が便利

イメージ
海外旅行に行った時に、パケット定額が高額なのと、対象外キャリアに繋がった時にさらに桁違いの高額請求をされる恐れがあることから、スマートフォンを機内モードにしてる人も少なくないかと思います。

しかし、スマートフォンを機内モードにしない方が現地で色々と活用できて便利です。

データローミングがOFFでもSMSは無料で受信できる これはあまり認知されてないように思えるのですが、データローミングがOFFでも、機内モードを使わずに海外キャリアに接続していれば、SMSは無料で受信できます。

SMSが受信できることは、特に二要素認証を使っていると重要なポイントです。

Google Authenticatorなどのアプリでの二要素認証に対応していないサービスだと、海外旅行の時だけ二要素認証を切ったりする人がいるようですが、むしろ海外にいる時の方が通信を盗聴される危険性が高いので、SMSでの二要素認証ができるようキャリアには繋いでおきましょう。

いつもの携帯への着信履歴が確認できる 着信だけでもそれなりに高額な通話料が取られるので、いつもの携帯を使わない人も多いかと思いますが、かかってきても電話に出なければ、いつもの携帯へ無料で着信履歴を残せるので便利です。

着信だけ確認してから、LINEやSkypeなどのIP電話で掛け直せば、通話料は無料もしくは国内と同じ料金でかけられます。

自分の場合、仕事の電話はそのまま出ることも多いですが、話が長くなりそうな時はSkypeで掛け直しています。

記念写真に位置情報を残せる Androidの方はよく知らないのですが、iPhoneでは、機内モードをONにするとGPSも無効になってしまいます。機内モードを使わなければ、記念写真に位置情報を記録することができるので、写真アプリなどでの活用の幅が広がり便利です。

iCloudキーチェーンの安全性と実用性、LastPassからの乗り換えはできるのか

イメージ
前回の記事で「iCloudキーチェーンはまだ常用は難しそう」と書いたのですが、改めて考察してみました。

新しいOS Xで気になった点、新MacBook Proは買い時か?

イメージ
早起きして午前2時からライブで見てたんですが、OS X Mavericks、iLife、iWork、MacBook Pro、Mac Pro、iPad Air、iPad miniと、Appleの新製品が色々と出てきましたね。OSとアプリは早速新しいのに更新しました。

新しいOS Xで気になった点や新製品への買い替えなど、あまり他のブログで紹介されなさそうなところを中心にまとめてみました。

新しいMacBook Proは買い時か
今回、MacBook Airからしばらく遅れて、ようやくCPUがHaswellのMacBook Proが出たわけですが、来年春には多分Haswellの次のBroardwellが出て、グラフィック性能はさらに4倍になるようです。

となると、このタイミングで買い替えるのはどうなのかと思うのですが、さらにその先の2015年第1四半期のSkylakeは、根本的に今までと違ってさらに飛躍的にグラフィック性能が上がると思うので、このタイミングが買い時なのかもしれません。

11acで無線LANが、PCIe接続になってSSDがさらに速くなったことと、自分の場合はMid 2012のMacBook Proの1年保証が切れてるので、買い替えようかなと。

あと、15インチの下位モデルは、GPUがGeForceからIntelのオンボードに変更されたことで性能が気になっている人も結構いるんじゃないかと思いますが、今回のIris Proの性能はGeForce GT 650Mと大体同じくらいかちょっと下くらいなので、あまり気にしなくていいかと思います。

また、写真を見る限りマイクの構造が変わってるみたいで、もしかしたら改良されてるかもしれないですね。

余談ですが、最近になって、Macのデュアルマイクは位置と距離を判別して、正面以外の音を抑えてくれることがわかったので、ヘッドセットを使わずに使うことが増えました。

iPad Air
iPadは、毎回2年契約を途中でやめて買い替えてきたのですが、今回は見送りします。(実際に店頭で使ってみたら、かなり扱いやすくなってたので、結局買いました)

ここまで軽くて薄くなるとかなり魅力的なのですが、それ以外の変更はもともと十分に速くなったCPUがさらに速くなったくらいで、期待してた指紋認証も搭載されなかったので、キャリアの2年契約をしてる人が…

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

イメージ
エンジニアだった自分も含めて専門職がよくやらかすのが、俺流をこじらせてカスタマイズし過ぎて、個人のパフォーマンスは上がったけど、作業ミスのリスクが高くなってるとか、独自すぎる俺流に慣れ過ぎて、パフォーマンスの高い新しい標準的技術についていけなくて、逆にその時点からのパフォーマンスが下がるとか。