投稿

韓国仁川空港の乗り継ぎで、空港スタッフのせいで逮捕されたのに、徹底的に責任回避する空港スタッフ

イメージ
7月1日に羽田空港から仁川空港経由でニノイ・アキノ空港に行く予定でしたが、仁川空港スタッフのミスが重なり、イミグレーションの警察官に逮捕されました。

その後、状況説明で無事に解放されたものの、予定していたフライトには乗れず、韓国で一泊してから代替便で予定地へ向かうことになりました。

以下、その日の経緯を詳しく記載。

7月1日 4:20AM 仁川国際空港到着乗り継ぎのため仁川空港に到着して、トランスファーのゲートに進みましたが、「イミグレーションに行け」という説明があり、イミグレーションから韓国へ入国。

5:30AMAirAsiaは、乗り継ぎでもランドサイド(入国した後のエリア)での書類確認が必要だったようなのですが、搭乗ゲートでもできると思ってたので、そのまま出国ゲートへ。セキュリティチェックとイミグレーションを通過しました。

(その後の仁川空港 AirAsiaスタッフの話によると、これは本来通過できるはずはなく大問題で、セキュリティチェックとイミグレーションのダブルチェックのミスだと指摘がありました)

11:00AMラウンジで休憩してから、書類確認の件があったので、早めに搭乗ゲートに。

まだAirAsiaのスタッフがいなかったので、空港のインフォメーションセンターに、書類確認の手続きがしたいという意向を伝えて、AirAsiaのデスクがどこにあるのかを尋ねました。

またこの時に、問題ないのか怪しかったので、今朝一度イミグレーションを通過してランドサイドに行っていることも話しました。

何か手続きで問題ないのかなくらいには思って念のため伝えましたが、これが入出国管理法違反に該当すると後で発覚します。

これを伝えたものの、インフォメーションセンターのスタッフは、「ランドサイトのAirAsiaカウンターで手続きをする必要がある」「スタッフがあなたをこの場所に連れて来ます。ちょっと待ってください。」と言って、他のスタッフが私を入国ゲートに連れて行きました。

ここで、同行したスタッフから「ここからランドサイトのAirAsiaカウンターに行ってください」との指示がありました。

その指示のもと、入国手続きを行おうとしたところ、別室に連れて行かれて、警察官から「これは犯罪だ」と言われ、拘束されました。しかも、恫喝されて非常に不快な思いをしました。

拙い英語と途中から通訳をつけてもらって…

旅費3.5万円で行った九份・台北3泊4日の旅

イメージ
国際奉仕団体ライオンズクラブの100周年国際大会が今年6月末からシカゴであって、今年は自分がクラブ会長なのでクラブで参加者を募ったものの、皆さんシカゴに行くスケジュールを確保するのは難しいということで、「そうであれば3泊でいける台湾とかはどうですか?」とその場のノリで聞いたのから、いくつか団体の枠を越えて集まった台湾旅行。

九份・台北 3泊4日 旅費(航空券+宿泊費)35,609円チャイナエアライン(楽GO) 成田・台北 往復 19,540円Taipei Hotel Bfun 台北甄美精品旅店 3泊 16,069円
1日目 6月18日 直前になって深夜にフライト遅延のメールが来たので、現地ホテルに連絡して、予約してた空港送迎の時間を変更してもらう。このせいで寝不足気味になる。

始発で成田空港 第2ターミナルへ。一緒に行く人たちと待ち合わせ。

集合してからチェックインを済ませて、海外旅行保険の希望があったのでその手続きを済ませてから朝ごはんへ。しかし、朝ごはんを食べに行ったはずが、みんなビールを飲み始める。

朝食を食べに行ったはずが、みんな朝からビールを飲み始める。休日とはいえ、このとき朝8時。 #travel #breakfast #beer #naritaairport #成田空港 #アル中予備軍 A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 27, 2017 at 2:48am PDT

搭乗。現地の天候が悪いということで、元々遅延していたフライトがさらに45分遅れる。これで、桃園空港に到着したのが空港送迎の時間ギリギリになってしまい、プリペイドSIMを買う時間が取れなかった。

ホテルに到着、チェックイン。外見が恐ろしくボロいものの、中はキレイで一泊6,000円(2人1部屋なら、1人3,000円)くらいで泊まれる穴場。

ロビーにミル付きコーヒーメーカーがあって24時間自由に飲める。カップもウォーマーで温められていて完璧。美味しい。

Beauty Hotels Taipei - Hotel Bfun
https://jp.hotels.com/ho458779/beauty-hotels-taipei-hotel-bfun-tai-bei-tai-wan/

外見が恐ろしくボロいものの、中はキレイで一…

0.7mm 青へのこだわりと、速乾性が高くて滲まず書き味も良い 三菱鉛筆 ジェットストリーム

イメージ
高校の入学祝いでPARKERのボールペンをもらったのをきっかけに、そこから10年以上ずっとPARKERを使っていました。人にプレゼントする時もPARKERをよく贈っていました。

ミニマリズムを意識し始めてからは、無印良品のボールペン、Moleskine ローラーペンプラスと替えてきて、今は「三菱鉛筆 ジェットストリーム 0.7mm 青」を使っています。

過去のボールペンもそうでしたが、ボールペンは「0.7mm」と「青(ブルーブラック)」を選んでいて、ここには少しこだわりがあります。

スキャンして共有するというデータ時代に対応する 紙の文書をスキャンした場合、原本を忠実に取り込める訳ではないので、文字が読みづらいという現象が起きることがあります。(特にモノクロで読み取った場合)

0.7mmのボールペンだと、文字がハッキリするので、手書きした箇所でこれが起きることがなくなります。

ノートにびっしりと書き込むような使い方でなく、基本的にデジタルデバイスを使っていて、注釈を入れる程度の使い方であれば、文字がそこそこ太くてインパクトのあるこのサイズがベストではないかと思います。

また、インクが黒ではなく青であれば、誰かが手書きした部分が含まれる文書がコピー機でコピーされ、会議で資料として配布された場合、そこに自分が追記したものが一目でわかります。

スキャンしてチームで共有した時も、自分が後から追記したところだと他者が見てもわかります。

(この場合、原本の状態は確保しましょう。元データがあるのならいいですが、ない場合は直接追記せずに付箋を使うか、追記する前にスマートフォンのドキュメントスキャンアプリで撮影しておいた方がいいですね。)

0.7mmと青にこだわるのは、スキャンして共有するというデータ時代に、0.7mmであることや青であることの実用性が高まったというのが理由です。

青(ブルーブラック)は、国内でも海外でも公的な機関ではそのまま使えますが、ビジネスで使う場合は、念のため会社でのルールを確認した方がいいと思います。

速乾性が高くて滲まず書き味も良い 三菱鉛筆 ジェットストリーム これまでMoleskineとセットで使っていたMoleskine ローラーペンプラスは、書き心地が悪いというほどではなかったものの、良いというものではなく、一番の問題となっていたのが、インクが…

旅費7万円で行ったジャカルタ・クアラルンプール4泊6日の旅

イメージ
当日現地にいたのと、犯人グループとそれまでに同じルートで移動してて、金正男暗殺事件との関わりを疑われた旅行の話。

ジャカルタ・クアラルンプール 4泊6日 旅費(航空券+宿泊費)65,791円エアアジア 羽田・ジャカルタ(クアラルンプール乗継) 片道 18,590円エアアジア ジャカルタ・クアラルンプール 片道 5,269円エアアジア クアラルンプール・羽田 片道 12,083円Somerset Grand Citra Jakarta 1泊 10,124円Somerset Ampang Kuala Lumpur 3泊 19,725円
1日目 2月8日 よく一緒に海外に行く人と待ち合わせ。深夜発のフライトなので、とりあえず御徒町の蜀郷閣で飲み会。モツ鍋と麻婆豆腐が美味しかった。

#food #chinesefood #sichuanfood #spicy #allyoucandrink #ueno #tokyo #budget A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 6, 2017 at 6:57pm PDT

蜀郷閣

関連ランキング:中華料理 | 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅

22:00頃、羽田空港に到着。空港で少しダラダラしてから、23:45発の飛行機でクアラルンプール空港へ。

2日目 2月9日 早朝5:30、クアラルンプール空港に到着。一緒に来た人とはここで一旦別れて、自分はここからさらに8:50発ジャカルタ行きの便に乗り換え。

だいぶ時間が余っているので、プライオリティ・パスの提携ラウンジ Wellness Spaで朝食&仮眠。このラウンジの食事はイマイチ。

#travel #lounge #prioritypass #klia2airport #kualalumpur #malaysia A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 6, 2017 at 7:01pm PDT

ジャカルタ空港到着。空港内で両替してから、出口付近のコンビニとは言い難い小さな商店で、現地のSIMを調達。事前に調べたときに見かけたKINGとかQUEENとかのSIMショップは、もうなくなったみたいでした。(移動したのか見つからなかっ…

旅費5万円で行った香港・マカオ4泊7日の旅

イメージ
しばらく書くことがなかったので放置していたブログのデザインを変えて、各ページの内容も最新の状態に更新しました。

Webサービス・アプリ・持ち物はある程度完成形になってきて、あまり変化がなくなってきたので、趣味の旅行の話でも書いてみようかなと。とりあえず、直近で行った今年3月の香港・マカオの話でも。

香港・マカオ 4泊7日 旅費(航空券+宿泊費)54,629円香港エクスプレス 羽田・香港 往復 18,860円ターボジェット 香港・マカオ 往復 4,791円M1 Hotel North Point 1泊 8,043円ibis Hong Kong Central and Sheung Wan 1泊 7,963円Caritas Bianchi Lodge 2泊 14,972円
1日目 3月10日 よく一緒に海外に行く人と待ち合わせ。深夜発のフライトなので、とりあえず御徒町の「王さん私家菜」で飲み会。レビュー数が少ないからか食べログの評価がイマイチだけど、2時間飲み放題コースが2,980円からと安くてそこそこ美味しいお店。

#food #chinesefood #allyoucandrink #ueno #tokyo #budget A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 6, 2017 at 10:02am PDT

王さん私家菜

関連ランキング:四川料理 | 上野御徒町駅御徒町駅上野広小路駅

22:00頃、羽田空港に到着。空港で少しダラダラしてから、23:55発の飛行機で香港へ。

2日目 3月11日 早朝4:10、香港国際空港に到着。6:00までプライオリティ・パスの提携ラウンジ Plaza Premium Loungeで仮眠。早朝なのに結構人がいて、席取れないかと焦った。

#travel #hongkong #airport #lounge #prioritypass A post shared by Akihisa Higuchi (@akihisahiguchi) on Jun 3, 2017 at 7:38pm PDT

ここから単独行動に。空港直結の駅で両替とSIMカードの購入、オクトパス・カード(日本でいうSuica)の購入を済ませてから、事前に予約していたエアポート・エクスプレスで市内の香…