Top-ads

Powered by Blogger.

Googleリーダーの未読件数をリアルタイムに通知してくれるSafari拡張機能のGReaderが超便利!

By | 月曜日, 8月 15, 2011 Leave a Comment
毎日の情報収集にGoogleリーダーを活用しています。

既読状況がオンラインで管理されているため、MacだけでなくiPhoneやiPadなど使うデバイスを替えても、これまで読んだ続きからチェックできるので、とても便利です。

今回は、Googleリーダーの未読件数をリアルタイムに通知してくれるSafari拡張機能の「GReader」を紹介します。

MacやPCなら、RSSクライアントソフトは要らない

iPhoneやiPadのSafariではGoogleリーダーを効率よく操作することができないのと、地下鉄など3G電波の届かないところでもチェックできるように、それぞれ専用アプリをインストールしていますが、MacにはRSSクライアントソフトを導入していません。

RSSクライアントソフトを使う主な理由は、一般的には「読みやすい(操作しやすい)、オフラインでも使える、新着情報を通知してくれる」の3点だと思いますが、Googleリーダーはショートカットも覚えて慣れてしまえば、読みやすい(操作しやすい)の点についてはオフィシャルのWebアプリケーションでも申し分なく、オフラインで使う必要性がなければ、あとは新着情報の通知だけが必要な要素となります。

この新着情報の通知をしたいがために以前はGrumlというRSSクライアントソフトを使っていたのですが、Googleリーダーの未読件数をリアルタイムに通知してくれるSafari拡張機能の「GReader」を見つけたので、今はオフィシャルのWebアプリケーションとGReaderのみを使っています。

GReaderの機能は極めてシンプルで、Safariのツールバー上にGoogleリーダーの未読件数が表示されて、そのボタンを押すとGoogleリーダーに移動できるだけですが、これがものすごく便利です。

GReaderのインストール


GReaderをインストールするには、まずSafariの拡張機能をON(入)にします。


GReaderのページ http://rafeed.me/safari-extensions/greader/ へアクセスします。


「Download GReader v...」をクリックして、GReaderをダウンロードします。


ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。


GReaderをインストールします。


これでSafariのツールバー上にGReaderが表示され、Googleリーダーの未読件数をリアルタイムに通知してくれるようになります。Safariの環境設定から未読チェックの間隔を変更することもできます。標準設定のままだと5秒おきにチェックしています。
次の投稿 前の投稿 ホーム