PDFなどを直接郵送できる「Webゆうびん」がすごい便利



これまでクライアントに請求書を郵送するときは、まずプリンタに封筒をセットして、Pagesの差し込み印刷でクライアントの宛名を封筒に印刷。その後、送付状と請求書を印刷して封筒に入れて、ドットライナーでのり付けして、切手を貼って、ポストまで行って投函とやっていました。

関連記事:SOHO・ノマドワーキングな会社のノウハウ:封筒印刷
関連記事:Pagesの差し込み印刷が便利すぎて、Officeが完全に要らなくなった

これでも効率化したつもりでしたが、世の中にはあまり認知されていない便利なサービスがあるもので、この作業が全部要らなくなるすてきなサービスを日本郵便が提供しているのをつい先日知りました。

PDFなどを直接郵送できる「Webゆうびん」

宛先の住所などをインターネットで入力して(2回目以降は選ぶだけ)、PDFファイルなどをアップロードするだけで、宛先に郵便物を郵送できるサービス「Webゆうびん」を日本郵便が提供しています。

料金も郵送料込みでモノクロ印刷95円、カラー印刷140円で、文書が2枚以上になる場合はモノクロ白1枚ごとに5円、カラー1枚ごとに50円とリーズナブルな料金になっています。省けるワークフローのコストを考えれば、こちらの方が全然おトクです。

ただし、文書はA4限定で、1通あたりの文書枚数の上限は4枚となります。使い道は限定されますが、かなり便利なサービスです。

これまで少しこだわっていた封筒のデザインが、事務的な感じになるのがちょっと気になるところですが、効率化の度合を考えると全然許容範囲です。

これまでの封筒デザイン

Webゆうびんの封筒デザイン

これが海外からも利用できるなら、海外に長期滞在しても困らなくなりそうな。

Webゆうびん | 日本郵便
https://webyubin.jpi.post.japanpost.jp/

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話