iOS版Evernoteの新機能「ページカメラ」があれば、スキャンアプリが要らなくなりそう

先日、Evernoteに新機能「ページカメラ」が実装され、それに対応する「Evernote スマートノートブック by Moleskine」が10月に発売されるとの発表がありました。製品ページのデモを見る限りでは、かなりキレイにスキャンできるようです。

Evernote スマートノートブック by Moleskine  http://www.moleskine.co.jp/Online-Shop/evernote-smart-notebook/evernote-ruled-pocket このEvernoteの新機能「ページカメラ」が、専用ノートでなくても使えるのかと思い、早速普通のA4資料で試してみました。
DocScannerで斜めから撮影
ページカメラで斜めから撮影
ページカメラで真上から撮影

ページカメラの場合、モレスキンの専用ノートと違って傾き補正はされませんが、コントラストなどが自動調整されて読みやすくなります。

これまでDocScannerを使っていますが、真上からの撮影であればページカメラだけで十分な感じです。むしろ、ページカメラの方が文字が読みやすかったです。

そもそも、資料は基本的にScanSnapでスキャンするのでiPhoneから直接スキャンするのが稀なのと、スキャンする時はいつも真上から撮るので傾き補正はあまり重要でないので、自分の場合はスキャンアプリが不要になりそうな感じです。

あと気になるのが、これまでスキャンアプリでやっていたホワイトボードの撮影で、これは機会がある時に試してみます。

このブログの人気の投稿

oh-my-zshの導入とか、zshとvimの環境をナウでヤングでシンプルな感じにした

Kindleでの自炊管理に思わぬ落とし穴があったのと、実用書の相対価値が変わったという話